2014年09月07日

私の、見知らぬ名古屋 その2「城山八幡」(末森城)をめざして

覚王山日泰寺墓所の「橘宗一少年」の墓所を後にして、
末森城の遺構の跡に勧請された城山八幡へ
その途上で、
日泰寺墓所内をよく見回すと、三十三カ所札所を現す石仏が沢山見られた。
観音の妙力に頼りたいという思いはいずこも同じ。

IMGP3426.JPG


IMGP3428.JPG


IMGP3430.JPG


IMGP3431.JPG


歴史の中で風化して、銘は読めないが、古いものは江戸期のものと思われる。


日泰寺墓所の中も起伏があるので、
より高い場所へと登る。

IMGP3454.JPG


すると、石像の群れに取り囲まれる。

IMGP3455.JPG

よく見ると「御嶽神社道」とある。
その方へ向かうと、
IMGP3457.JPG

鳥居の下に小高い山が築かれ、御嶽権現が祀られている。
御嶽権現は、雑司が谷の御嶽坂にも祀られている。
縁を感じる。
そして、このお社の周囲がまたの石像の群れ、
これだけ多く集められていると、中々壮観でありまた奇妙でもある。

IMGP3456.JPG


これは三十六童子
IMGP3465.JPG


よくこれだけ集めたなぁ〜と思いました!

IMGP3468.JPG

この風変わりな建物は、墓所の管理事務所のようです。
中々、立派で、良いデザインですね。


さて、
高い所に登ったので、そのまま尾根つたいに城山八幡へと南下しようとしたのですが、
さすがに山あり谷ありで、一度下がってしまった、
また崖のような坂があるので、兎に角そこを登ります。
IMGP3471.JPG

この道は、両側からもみじの緑が出て、中々美しい坂道です。
登った丘の上は、高級な住宅街でした。
IMGP3472.JPG


しかし、その先にはお城のような建物が見えます。

IMGP3477.JPG

う〜〜ん、やっぱりここは名古屋だっぁなも〜〜(^o^)
お寺の本堂さえも「名古屋城」にしてしまう。

お堂の前には、石仏がたくさん。
IMGP3479.JPG


石仏の前には、日本各地の札所を詣でた記念の石碑が並んでいます。
IMGP3480.JPG


IMGP3482.JPG

この聖観音は、中でも絶品でした。
銘は摩滅して読めませんが、江戸後期のものではと思います。


IMGP3485.JPG

こちらの三面六臂の馬頭観音さんも、お顔が愛らしい。



この丘から東の眺めると、遠くに東山タワーが見えました。
IMGP3490.JPG



さて、城山八幡は未だ先かと、先を急ぐ。
しかし、これが後の祭りで、、、
このお城のような建物、実はとても貴重で珍しい建物だったのです。
「大龍寺五百羅漢堂」
→ http://www.sukima.com/02_nittaiji99/11dairyuji_.html
ただの名古屋趣味の真新しいお堂にしかみえませんでした。。。。
IMGP3488.JPG


この記事によれば、近年修復したようで、
だからとても新しい建物に見えたのでしょう。
また、私の「名古屋」への先入観が、どうせ大したものではないという
勝手な思い込みをうんだようです。
「先達はあらまほしきもの」を痛感しました。

『尾張名所図会』(弘化元年 1844年 刊行)に載る「五百羅漢(大龍寺)」
→ http://www41.tok2.com/home/kanihei5/owari.html

もちろん、これは雑司が谷に帰ってから知ったので、
今更どうしようもありません。また名古屋に行く機会があればぜひ再訪したいです。


さて、尾根つたいに寺と住宅のある細い道を辿って行くと、
(これも後に知ったのですが、この丘陵は城山八幡から北へ伸びていて八幡だけでなく多くのお寺が集められている特別な丘陵でした)
さきに森が見える、こんな道にでました。
IMGP3491.JPG


さらに行くと、大きな二股に分かれた樹木
IMGP3496.JPG


IMGP3492.JPG

二股に分かれているので「連理の木」と云われる「アベマキ」とのこと。
ただ、現在蝕まれて養生中のようです。
IMGP3494.JPG



さらに森の奥へと進むと、
深い谷が見えます。
これこそ、末森城の空堀の遺構です。
IMGP3501.JPG



末森城(城山八幡)全体はこのようになっています。
IMGP3519.JPG

周囲をぐるりと空堀が囲んでいます。
地形としては、丘陵の南端にあり、北側は尾根が先に延びています。
(ここまで私が辿ってきた道)
なので、天然の要害の地に、さらに人工的な空堀を深く巡らせた堅固な城だったと思われます。


IMGP3534.JPG


天文十六年(1547)に織田信秀が古渡城からこの地に居城を移したと云われています。
信秀は天文十八年(1549)に亡くなり、その後は子の信行の居城となります。
柴田勝家はこの信行に仕えていましたし、お市の方もここに住んでいたと云われています。
弘治2年(1556)の稲生が原の戦いで、信行方は信長に破れ、
その後永禄元年(1558)に信行は清洲城内で誅殺されます。
私の実家は、稲生が原の戦いのあった地の近くでした。


城山八幡縁起と末森城の歴史が詳しく書かれているページ
→ http://www.shiroyama.or.jp/siroyama-3.htm#enkaku

南側(八幡正面)は
二段の丘になっていて、
IMGP3539.JPG

一段下ったとの境目に空堀があり、その堀にかかる橋

空堀の中から橋を見ると、
IMGP3544.JPG

空堀の中は、こんな感じです。
IMGP3541.JPG


本丸から一段下がった所からの南側の風景。
遠くに八事の中京テレビタワーが見えます。
戦国期には、ずっと先の三河の方迄、よく見えたと思われます。
IMGP3540.JPG


さらに一段さがると末森通りになりますが、末森通りからの階段
IMGP3545.JPG


IMGP3546.JPG

これだけの高さがあると、中々攻め難い平山城だったことでしょう。


南側正面(一番低い位置)から見上げた末森城(城山八幡)
IMGP3547.JPG



末森城を後にして、
末森通りを西へ、ここの辺は歩道が広くて快適な道です。
IMGP3552.JPG

 
池下の手前で、目的地の和菓子屋さんに到着。

IMGP3562.JPG

「梅屋光孝」
この小ぢんまりとしたお店の
かるかんと羊羹を合わせた「深山路(みやまじ)」を
→ http://www.max.hi-ho.ne.jp/piro/home.html
今回の名古屋再探訪の縁を作って頂いた方に
一竿お送りしさし上げました。










IMGP3521.JPG

城山八幡境内にあるお稲荷さん(豊玉稲荷)




































posted by 星跡堂主人 at 00:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

私の、見知らぬ名古屋 その1「橘宗一(たちばなむねかず)少年の墓所」


父の法要のために名古屋に帰省した折に、
見知らぬ名古屋を訪ねてみた。

名古屋城のすぐ下で生まれ育った私にとって
栄町よりも向こうの東の丘陵地帯は、未知の場所が多い。
高校が東の丘陵地帯にあったので、
帰りに猫が洞池の辺を歩いた事はよくあったが、
いまだ知らない所ばかりかもしれない。


IMGP3471.JPG


名古屋の東側は、西側と違い、東京の山の手のような山あり谷ありの丘陵地帯。
東京の山の手が一本筋が違うと全く街の様相が異なるように、
そこもちょっと脇に入ると全く別の世界が広がる不思議な空間だった。
ここは名古屋なのだろうか?
私の知っている名古屋とは全く違う風景がそこにはあった。

きっかけは、
最近もらったある人からの手紙に「橘宗一少年」という文字を見たことだった。

遠い記憶の底から呼び起こされるように、その名前は静かに私の中に甦ってきた。
大逆事件?いやちがう、大杉栄と伊藤野枝だ、、、
関東大震災時に、後に満映を牛耳る甘粕正彦を初めとした憲兵に
虐殺された大杉栄、伊藤野枝、
たまたまアメリカから帰国していた大杉の甥、橘宗一、当時未だ7歳(満6歳)。

名古屋で彼の墓が発見されたということは、
遠い昔未だ名古屋に居た頃に、報道されたのを記憶している。
しかし、まだ若かった私は「虐殺」という言葉におののき、
そのことを深く考えようともせず、橘少年の墓に特に興味を持たなかった。


3.11以降の、昨今の世相の中で、
その方から「橘宗一」という名前が記された手紙を貰わなかったら、
名古屋を故郷として愛していながらも、
この墓に参じ祈る事もなかったかもしれない。


それにしても雑司ヶ谷霊園のように有名な方の墓のマップがあるわけでもない
日泰寺墓所で、その場所は分るだろうか?と、案じた。
調べてみると、日泰寺墓所は覚王山の日泰寺あるのではなく、
少し離れた自由が丘に近い辺にあるようだ。
自由が丘なら、本当に高校に通った道の近くなのに、
今日まで全く知らずにいたのだから、
知らないということの浅はかさを改めて痛感する。

Googleマップで見る限り、日泰寺墓所は相当に広い。
あの名古屋の夏の盛りに見つけられるものだろうか。

さらにネットで調べてみて、
「古書の森日記」のこの記事に辿り着いた
→ http://blog.livedoor.jp/hisako9618/archives/51698110.html

言うまでもなく「古書の森日記」は、
惜しくも数年前に亡くなった黒岩比佐子さんのサイトだ。
彼女の遺著『パンとペン』は、
大逆事件から治安維持法という長い冬の時代をしぶとく生き抜いた
堺利彦の生き様を膨大な資料を蒐集して甦らせた労作だ。
(黒岩さんとお話する機会を持てなかったのは、私の最も惜しむことの一つだ)
この記事にある橘少年の墓所の写真、
この向こうに映り込んでいる寺院のような建物、これが場所を特定する決め手となった。


IMGP3434.JPG



橘宗一の墓石に刻まれた文字 

Mr.M.Tachibana/Born in Portrland Oro /12th 4 1917.U.S.A
吾人は/須らく愛に生べ志/愛は神なればなり/橘宗一

筆者注
「Oro」はたぶんオレゴン州の意味か、オレゴン州の現在の略称は「OR」。

「吾人は須らく愛に生べし」(私たちはぜひとも愛に生きなければならない)
というきっぱりとした呼びかけは、神への篤い思いを感じさせる。
この墓前に跪き祈りを捧げると、その思いが静かに伝わってくる。
丘からの風が緩やかに吹いてくる。


しかし、墓石の裏面を見ると、
あの有名な一句に出くわす。

IMGP3452.JPG

「大杉栄、野枝と共に 犬どもに虐殺さる」


IMGP3436.JPG


裏面の銘文
宗一(八才)ハ/再渡日中東/京大震災ノ/サイ大正十二年/(一九二三年)九月十六/
日夜大杉栄/野枝ト共ニ犬/共ニ虐殺サル
Build at 12th 4 1927. by S.Tachibana
那でし子を/夜半の嵐に/た折られて/あやめもわか奴/毛のとなり希理/橘惣三郎

筆者注
宗一は数え年でも七歳のはずだがなぜか「八歳」と記されている。
橘惣三郎は橘宗一の父、その詠んだ歌は、
「なでし子を夜半(よわ)の嵐に手折られてあやめもわかぬものとなりけり」と読める。
「なでし子」は、花の「なでしこ」と「愛する子」との掛詞。
「あやめもわかぬ」は、「はっきりと分らない」それほどの酷い状態だったということと、
宗一の母(大杉栄の妹)の名前「あやめ」との掛詞。


「吾人は須らく愛に生べ志」と刻んだその裏に
「犬どもに虐殺さる」、
さらに「あやめもわかぬものとなりけり」と、
「愛でし子」が「あやめもわかぬ」程の「モノ」となって帰ってきたと、
刻印せざるを得なかった思いの無念。

表のあの神の愛への思いがあればこそ、
この裏面の言葉が深く胸に迫ってくる。



「神思うことばのうらに虐殺と刻みし父の思いや如何」


墓前にはかわいい人形が手向けられていた。
僅かな慰めである。
IMGP3446.JPG



「橘宗一少年」を思い出させてくれた手紙の主と
黒岩さんに導かれて、ここに来ることができた。
その恩寵を深く胸に刻み、橘宗一少年に別れを告げた。

IMGP3441.JPG




黒岩比佐子さんのブログにも引用されていた
佐野眞一『甘粕正彦 乱心の曠野』の抜粋が一部読めるサイト
→ http://d.hatena.ne.jp/karatedou/touch/20110914

毎年9月15日に開かれている「橘宗一少年墓前祭」(このサイトは2009年のもの)
→ http://irregularrhythmasylum.blogspot.jp/2009/08/blog-post_29.html

橘少年の墓が発見された経緯が記されているサイト
→ http://saluton.asablo.jp/blog/2007/09/16/1801366








IMGP3460.JPG







































posted by 星跡堂主人 at 21:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7回雑司が谷ぞうさんぽ「鎌倉街道から高田富士へ」

6月末に実施した
第7回雑司が谷ぞうさんぽ「鎌倉街道から高田富士へ」の内容と写真が
「雑司が谷ぞうさんぽ」のサイトにアップされております。
御覧下さいませ。
→ http://michikusa-walk.seesaa.net/article/400702874.html

「雑司が谷ぞうさんぽ」は、3.11の後、
改めて、雑司が谷地域の歴史とその良さを実地に歩いてみて
発見していこうとと、始まった「まちあるき」の会です。
posted by 星跡堂主人 at 13:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑司が谷 雑司ヶ谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする