2014年08月27日

私の、見知らぬ名古屋 その1「橘宗一(たちばなむねかず)少年の墓所」


父の法要のために名古屋に帰省した折に、
見知らぬ名古屋を訪ねてみた。

名古屋城のすぐ下で生まれ育った私にとって
栄町よりも向こうの東の丘陵地帯は、未知の場所が多い。
高校が東の丘陵地帯にあったので、
帰りに猫が洞池の辺を歩いた事はよくあったが、
いまだ知らない所ばかりかもしれない。


IMGP3471.JPG


名古屋の東側は、西側と違い、東京の山の手のような山あり谷ありの丘陵地帯。
東京の山の手が一本筋が違うと全く街の様相が異なるように、
そこもちょっと脇に入ると全く別の世界が広がる不思議な空間だった。
ここは名古屋なのだろうか?
私の知っている名古屋とは全く違う風景がそこにはあった。

きっかけは、
最近もらったある人からの手紙に「橘宗一少年」という文字を見たことだった。

遠い記憶の底から呼び起こされるように、その名前は静かに私の中に甦ってきた。
大逆事件?いやちがう、大杉栄と伊藤野枝だ、、、
関東大震災時に、後に満映を牛耳る甘粕正彦を初めとした憲兵に
虐殺された大杉栄、伊藤野枝、
たまたまアメリカから帰国していた大杉の甥、橘宗一、当時未だ7歳(満6歳)。

名古屋で彼の墓が発見されたということは、
遠い昔未だ名古屋に居た頃に、報道されたのを記憶している。
しかし、まだ若かった私は「虐殺」という言葉におののき、
そのことを深く考えようともせず、橘少年の墓に特に興味を持たなかった。


3.11以降の、昨今の世相の中で、
その方から「橘宗一」という名前が記された手紙を貰わなかったら、
名古屋を故郷として愛していながらも、
この墓に参じ祈る事もなかったかもしれない。


それにしても雑司ヶ谷霊園のように有名な方の墓のマップがあるわけでもない
日泰寺墓所で、その場所は分るだろうか?と、案じた。
調べてみると、日泰寺墓所は覚王山の日泰寺あるのではなく、
少し離れた自由が丘に近い辺にあるようだ。
自由が丘なら、本当に高校に通った道の近くなのに、
今日まで全く知らずにいたのだから、
知らないということの浅はかさを改めて痛感する。

Googleマップで見る限り、日泰寺墓所は相当に広い。
あの名古屋の夏の盛りに見つけられるものだろうか。

さらにネットで調べてみて、
「古書の森日記」のこの記事に辿り着いた
→ http://blog.livedoor.jp/hisako9618/archives/51698110.html

言うまでもなく「古書の森日記」は、
惜しくも数年前に亡くなった黒岩比佐子さんのサイトだ。
彼女の遺著『パンとペン』は、
大逆事件から治安維持法という長い冬の時代をしぶとく生き抜いた
堺利彦の生き様を膨大な資料を蒐集して甦らせた労作だ。
(黒岩さんとお話する機会を持てなかったのは、私の最も惜しむことの一つだ)
この記事にある橘少年の墓所の写真、
この向こうに映り込んでいる寺院のような建物、これが場所を特定する決め手となった。


IMGP3434.JPG



橘宗一の墓石に刻まれた文字 

Mr.M.Tachibana/Born in Portrland Oro /12th 4 1917.U.S.A
吾人は/須らく愛に生べ志/愛は神なればなり/橘宗一

筆者注
「Oro」はたぶんオレゴン州の意味か、オレゴン州の現在の略称は「OR」。

「吾人は須らく愛に生べし」(私たちはぜひとも愛に生きなければならない)
というきっぱりとした呼びかけは、神への篤い思いを感じさせる。
この墓前に跪き祈りを捧げると、その思いが静かに伝わってくる。
丘からの風が緩やかに吹いてくる。


しかし、墓石の裏面を見ると、
あの有名な一句に出くわす。

IMGP3452.JPG

「大杉栄、野枝と共に 犬どもに虐殺さる」


IMGP3436.JPG


裏面の銘文
宗一(八才)ハ/再渡日中東/京大震災ノ/サイ大正十二年/(一九二三年)九月十六/
日夜大杉栄/野枝ト共ニ犬/共ニ虐殺サル
Build at 12th 4 1927. by S.Tachibana
那でし子を/夜半の嵐に/た折られて/あやめもわか奴/毛のとなり希理/橘惣三郎

筆者注
宗一は数え年でも七歳のはずだがなぜか「八歳」と記されている。
橘惣三郎は橘宗一の父、その詠んだ歌は、
「なでし子を夜半(よわ)の嵐に手折られてあやめもわかぬものとなりけり」と読める。
「なでし子」は、花の「なでしこ」と「愛する子」との掛詞。
「あやめもわかぬ」は、「はっきりと分らない」それほどの酷い状態だったということと、
宗一の母(大杉栄の妹)の名前「あやめ」との掛詞。


「吾人は須らく愛に生べ志」と刻んだその裏に
「犬どもに虐殺さる」、
さらに「あやめもわかぬものとなりけり」と、
「愛でし子」が「あやめもわかぬ」程の「モノ」となって帰ってきたと、
刻印せざるを得なかった思いの無念。

表のあの神の愛への思いがあればこそ、
この裏面の言葉が深く胸に迫ってくる。



「神思うことばのうらに虐殺と刻みし父の思いや如何」


墓前にはかわいい人形が手向けられていた。
僅かな慰めである。
IMGP3446.JPG



「橘宗一少年」を思い出させてくれた手紙の主と
黒岩さんに導かれて、ここに来ることができた。
その恩寵を深く胸に刻み、橘宗一少年に別れを告げた。

IMGP3441.JPG




黒岩比佐子さんのブログにも引用されていた
佐野眞一『甘粕正彦 乱心の曠野』の抜粋が一部読めるサイト
→ http://d.hatena.ne.jp/karatedou/touch/20110914

毎年9月15日に開かれている「橘宗一少年墓前祭」(このサイトは2009年のもの)
→ http://irregularrhythmasylum.blogspot.jp/2009/08/blog-post_29.html

橘少年の墓が発見された経緯が記されているサイト
→ http://saluton.asablo.jp/blog/2007/09/16/1801366








IMGP3460.JPG







































posted by 星跡堂主人 at 21:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7回雑司が谷ぞうさんぽ「鎌倉街道から高田富士へ」

6月末に実施した
第7回雑司が谷ぞうさんぽ「鎌倉街道から高田富士へ」の内容と写真が
「雑司が谷ぞうさんぽ」のサイトにアップされております。
御覧下さいませ。
→ http://michikusa-walk.seesaa.net/article/400702874.html

「雑司が谷ぞうさんぽ」は、3.11の後、
改めて、雑司が谷地域の歴史とその良さを実地に歩いてみて
発見していこうとと、始まった「まちあるき」の会です。
posted by 星跡堂主人 at 13:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑司が谷 雑司ヶ谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

『カルミナ・ブラーナ』 校訂原典版とカール・オルフ作曲版歌詞の照合、及び若干の注釈


bur_ludi.jpg


1803年にミュンヘン郊外の Beuern にあるベネディクト派の教会 Kloster Benediktbeuern で発見された”Codex Buranaus” (Beuern 写本、羊皮紙に書かれたこの写本の原文は11〜13世紀のものと推定されている)を、
校訂テキスト化した校本『カルミナ・ブラーナ』(日本語訳『全訳 カルミナ・ブラーナ ベネジクトボイエルン歌集』永野藤夫訳による)と、
カール・オルフ作曲の『カルミナ・ブラーナ』に使用されている歌詞の部分とを、照合しました。
また、必要に応じ注釈を付け加え、新国立バレエで上演されたデビッド・ビントレー振付の『カルミナ・ブラーナ』(1995年にバーミンガム・ロイヤルバレエ団で初演)にも言及しました。

『カルミナ・ブラーナ』の初めての出版は、1847年の以下の本、
Johann Andreas Schneller
 ”Carmina Burana : lateinische und deutsche Lieder und Gedichte einer Handschrift des 13. Jahrhunderts aus Benedictbeuern ”
→ http://ow.ly/vWRZ2  (Bayerische Staatsbibliothek digital)
→ http://ow.ly/wrk9b  (HathiTrust’s digital library)
この本では、カール・オルフ作曲版と同じように、
冒頭に「運命の輪」の挿絵入りで”O Fortuna”が配されています。

その後、テキストクリティークを経て1979年に校本として、
”Carmina Burana. die lieder der benediktbeuren Handschrift” が出版され、
日本語全訳本も主にそれに基づいています。
その一部が読めるサイト 
→ http://www.hs-augsburg.de/~harsch/germanica/Chronologie/13Jh/CarminaBurana/bur_card.html


オルフの『カルミナ・ブラーナ』に関しては、以下のサイトの翻訳に準拠し、
→ http://carminaburana.web.fc2.com/index.html
新国立バレエ『カルミナ・ブラーナ』のパンフレットの翻訳と異同がある場合は示しました。(但しタイトルの部分のみ、新国立パンフレットは英訳からの重訳と思われます。)

オルフ版の歌詞の典拠と思われる
『カルミナ・ブラーナ』校訂原典のCB(Codex Buranaus)番号を示し、
それに該当する詩の、日本語訳本『全訳 カルミナ・ブラーナ ベネジクトボイエルン歌集』のページを明示しました。

以下======================================




carminaBuranaBild1.jpg


「 FORTUNA IMPERATRIX MUNDI 」 
「フォルトナ、世界の支配者 」 
新国立バレエ団上演パンフレット(以下「新国立版」)「運命、世界の王妃よ」
章タイトルは、作曲者のオルフが原典の300余りの詩歌から選集したものを、章としてまとめたタイトルなので、当然、原典写本にも活字出版本にもない。
「 FORTUNA IMPERATRIX MUNDI 」という詞自体も原典にはない。
ただ、ローマ帝政期においては「Fortuna Panthea」(万物の親神フォルトナ)と呼ばれ皇帝の守護神にまで祀りあげられていた。

シリアで発見された2世紀頃の「Fortuna Panthea」の像
→ https://www.deutsche-digitale-bibliothek.de/item/6NRC4SP4DS2XIJ5JRBLXON7NBCWZANXP

また、以下の地図は、フォルトナ像が描かれた古代ローマ時代の地図を、中世西欧でそのままコピーされたもの。
WeberPeutingAntioch.jpg


どちらの像にも、冠があり、そのイメージが中世西欧にも伝わる。
以下の図像は、有名な『カルミナ・ブラーナ』の挿絵(これは原典写本のもの)
img_0.jpeg


1847年に『カルミナ・ブラーナ』が活字出版された際、
「SERIA」の部分の冒頭に
オルフが用いた第1曲目「O Fortuna」の歌詞と、このフォルトナの絵が共に印刷されていた。
image.jpeg

作曲者オルフには、このフォルトナのイメージが強くあったはずで、
こうしたことから、
古代ローマ時代の万物を統べる神フォルトナとして、
「 FORTUNA IMPERATRIX MUNDI 」というタイトルを
オルフは冒頭に付けたのかもしれない。


このタイトル、
新国立版は”IMPERATRIX”(英訳は”EMPRESS”)を何故か「王妃」と訳している。直訳的にするなら「皇后」とすべきで「王妃」では誤訳ではないか。「皇后」と「王妃」とでは全く身分が異なる。


1  O Fortuna 「おお、フォルトナよ」(ラテン語)  
新国立版「おお、運命よ」
CB17 「月のような運命」(小タイトルは翻訳者が便宜上付けたものと思われる。)『全訳 カルミナ・ブラーナ』(以下『全訳』と略)P.22

2  Fortune plango vulnera 「私はフォルトナの傷を嘆く」(ラテン語)  
新国立版「運命は傷つける」
CB16 「運命の輪」 『全訳』P.21
盲目のフォルトナが廻す車輪から転落していく有名な人々の図
Rueda de la Fortuna-Royal 20 C IV.jpg

14世紀フィレンツェの詩人Giovanni Boccaccio の
”De Casibus Virorum Illustrium (On the Fates of Famous Men)”の挿絵



「 PRIMO VERE 」「早春に 」 
新国立版「春に」
この「 PRIMO VERE 」はタイトルもまさにそのまま、
ボッティチェリ(Sandro Botticelli)の「 Primavera」(15世紀末)の世界。
こうした章を作った作曲家オルフは明らかに、『カルミナ・ブラーナ』の原典よりも後のルネサンス期をイメージしている。
しかし、それは既に13世紀の原典『カルミナ・ブラーナ』の詩の中に、ルネサンス期を彷彿とさせる自由な精神が内包されていた(グレコ・ローマンの神話や新プラトン主義など)ということでもある。
新国立バレエで振付のデヴィッド・ビントレーが、このパート冒頭で妊婦を登場させるのも、西風ゼフィロスに孕まされた森の女神クローリスの姿、
さらには、この絵では特にお腹が大きく描かれ「豊穣」を示すヴィーナスその人の姿にも思える。

3  Veris leta facies 「春の楽しい顔は」(ラテン語)  
新国立版「うつくしき春」
CB138 「愛のあこがれ」(一、二、四、五) 『全訳』P.204

4  Omnia sol temperat「 太陽は万物を整える」(ラテン語)  
新国立版「太陽はすべてをいたわる」
CB.136 「あの娘が恋しい」(一、二、三) 『全訳』P.202

5  Ecce gratum 「見よ、好ましい」(ラテン語)  
新国立版「春の訪れ」
CB.143 「恋の褒美を」(一、二、三) 『全訳』P.208
詩の末尾にある「パリス」はギリシア神話「パリスの審判」のパリスのことで、彼がヴィーナスを選び、「ヘレナ」を得る事がトロイ戦争の原因となる。「ヘレナ」は「24」の詩句に登場する。



「 UF DEM ANGER 」  「草地の上で 」 
新国立版「草の上で」

6  (Tanz) ーー歌詞はありません。 
新国立版「踊り」

7  Floret silva nobilis 「高貴な森は華やぐ」 (ラテン語、中高ドイツ語) 
新国立版「気高き森」
CB.149 「彼はいずこ」 『全訳』P.214

8  Chramer, gip die varwe mir 「小間物屋 さん私に色紅 をください」(中高ドイツ語) 
新国立版「店の人よ、私に紅を下さい」
CB.16* 補遺「大受難劇」中の35行目〜52行目のマリア・マグダレナの台詞  『全訳』P.345
「マリア・マグダレナ」は言うまでもなく、キリストの復活を最初に見た「罪の女」(娼婦、一説にはキリストの妻とも)のこと。イエスの体にその長い髪で香油を塗った逸話があるため、香油壷を持ち長く伸びた髪で描かれる事が多い。
訳注に、
この台詞部分はラテン語ではなく中高ドイツ語で、
「世俗的な部分の拡大は、一般の趣向にもよる。」とある。


9  Reie 「輪舞」(中高ドイツ語) 
新国立版も同じ
CB.167a、 「あの娘を想えば」(七) 『全訳』P.233
CB.174a1,2「なんとご美人」(四、五)『全訳』P.239

10  Were diu werlt alle min 「世界がすべて私のものであったとしても」(中高ドイツ語) 
新国立版「世界が我が物となるとも」
CB.145a 「ミュースが歌と来る」(七) 『全訳』P.211
全訳本は、このパートを、女性を主語にして以下の様に訳している。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海から河まで
全世界が妾のものになるなら
  あきらめてもいいわ
イギリスの王様を
  この腕に抱くのをね
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


bur_cpo1.jpg


「 IN TABERNA 」  「酒場で 」  
新国立版「居酒屋にて」

11  Estuans interius 「内に燃えあがる」(ラテン語)  
新国立版「怒りに、心収まらず」
CB.191 「吟遊詩人の告白」(一〜五) 『全訳』P.257

12  Olim lacus colueram 「かつて、私は湖水にすんでいた」(ラテン語)  
新国立版「焙られた白鳥の歌」
CB.130 「焼き白鳥の歌」 『全訳』P.195

13  Ego sum abbas Cucaniensis 「我はクカニアの大修道院長よ」(ラテン語)  
新国立版「予は大僧正様」
CB.222 「我こそ院長」 『全訳』P.293
原文ラテン語は”abbas”「修道院長」なので、新国立版が何故に「大僧正」(大司教、Archiepiscopus)と訳しているのか疑問。両者は全く別の身分。
『全訳』は「ワフナ、ワフナ」の部分を「人殺し、人殺し」と訳している。

14  In taberna quando sumus 「酒場に我らがいる時は」 (ラテン語)  
新国立版「われら、居酒屋にあっては」
CB.196 「酒の歌」 『全訳』P.267




「 COUR D' AMOURS 」  「愛の誘い 」 
新国立版「求愛」

15  Amor volat undique「 キューピッドは至るところを飛び回る」(ラテン語)   
新国立版「愛の神はいづこにも飛び来り」
CB.87 「恋は赤くて青い」(四) 『全訳』P.130

16  Dies, nox et omnia 「昼も夜も、そしてすべてのものが」(ラテン語、古フランス語)  
新国立版「昼、夜そしてあらゆるものが」
CB.118 「長の追放」(四、五、七) 『全訳』P.182

17  Stetit puella 「少女がたっていた」(ラテン語) 
新国立版「赤い胴着の乙女が立っていた」
CB.177 「赤い服着た娘」(一、二) 『全訳』P.241
このパート続きは以下の様
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
娘が 木の下に立って 
葉に 恋人の名を書く
するとウェヌスが来る
  大きな恋(カーリタース)
    気高い恋(ミンネ)を
   娘は男にあげる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

18  Circa mea pectora 「私のこころの周りには」(ラテン語、中高ドイツ語)   
新国立版「私の心はため息みつ」
CB.180 「恋文」(五、六、七) 『全訳』P.244

19  Si puer cum puellula 「 若し、少年が少女とともに」(ラテン語) 
新国立版「若者と乙女がいたら」
CB.183 「若者と乙女が」(一、二) 『全訳』P.248

20  Veni, veni, venias 「来い、来い、来ておくれ」(ラテン語) 
新国立版「おいで、おいで」
CB.174 「なんとご美人」 『全訳』P.239

21  In truitina mentis dubia 「心の迷う秤のなかで」(ラテン語) 
新国立版「ゆれ動く、わが心」
CB.70(十二a、b) 「恋のみそかごと」 『全訳』P.105
CB.70「恋のみそかごと」は、男女の対話詩で、
その対話詩の最後の章句として、23の「この上なく甘美に」の詩句が配されている。

フォルトナは、「2」で示したように、運命の車輪を操り人々を絶頂から転落へと追い落とす。
しかし一方でその車輪を廻すのは彼女自身ではなく、彼女には意思はなく、
彼女自身も車輪とともに廻っているのだという解釈も存在した。
(「 FORTUNA IMPERATRIX MUNDI 」で示した 『カルミナ・ブラーナ』原典写本の挿絵でも、フォルトナの身体が車軸と一体化しているように見える。)
その場合、車輪を廻すのは全能の神である。
フォルトナはその神の意志の現れに過ぎないとする。
ローマの女神だったフォルトナが、庶民の間ではキリスト教時代にも生き残り続けたので、キリスト教神学と「運命の女神」フォルトナへの信仰を折衷させる苦肉の解釈ともいえる。

Rueda de la Fortuna-1482.jpg

Lorenzo Spirito Gualtieri ”La Rueda de la Fortuna” 1482年(ペルージャLibro delle Sorti )
フォルトナの身体が車輪の中に収まり、車軸と重なっている。フォルトナ自身も車輪の回転とともに廻り続ける事になるだろう。
 
22  empus es iocundum 「楽しみの時だ」(ラテン語) 
新国立版「楽しい季節」
CB.179(一、四、七、五、八) 「みんな花ざかり」 『全訳』P.243

23  Dulcissime 「この上なく甘美に」(ラテン語) 
新国立版「私のいとしい人」
CB.70(十五) 「恋のみそかごと」 『全訳』P.106
『全訳』はこのパートを以下の様に男性を主語に訳している。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「わたしのいとしい娘よ、
 わたしは身も心もささげる」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



「 BLANZIFLOR ET HELENA 」  「ブランジフロールとヘレナ 」

24  Ave formosissima 「ああ、この上なく美しい人よ」(ラテン語) 
新国立版「たたえよ美しきものよ」
CB.77(八) 「恋の対話」 『全訳』P.116
このパート訳注には「アヴェ・マリアを思わせる節。」とある。
「1」で見たようにフォルトナはしばしば戴冠している。しかしキリスト教の図像で戴冠している女性は一般には聖母である。それ故に、フォルトナのイメージはしばしば聖母マリアとも重なるようになっていく。
スコットランドの英雄ウォーリスを讃えた物語詩集『ウォーリス』(15世紀)中に見える詩の一節、

「わたしは彼女がいかなる女王であるのか、
 運命の女神であるのか、気高きマリア様であるのか、わかりません
 彼女の放つ輝によると、
 おそらくはこの世を創造された主なる神のご母堂のようです」
              
       (引用は『中世文学における運命の女神』1993、
       原書は”The Goddess Fortuna in Mediaeval Literature",1927 )

また
丸いもの(車輪)の上に立つ女、月のイメージを抱く女、
さらには巌を住処とするフォルトナのイメージは、
「無原罪の宿り」の聖母のイメージとも重なっている。
Murillo_Inmaculada_Concepcion_La_Colosal_Seville_WikimediaCC_0.jpg

スペインの画家ムリーリョ(Bartolomé Esteban Perez Murillo)の数ある同テーマの一作、1650年作。

愛の女神「ヴィーナス」との繋がりは、運命の女神が恋愛をも支配するという解釈が12世紀の『アベラールとエロイーズ』あたりから生まれ、運命の女神こそが恋愛を成就させたり終わらせたりするように考えられた。
ヴィーナスが車輪を廻したり、フォルトナが愛を支配したりして、ヴィーナスとフォルトナのイメージが相互的な重なり深化していった。

1390年に成立したJohn Gowerによる”Confessio Amantis”中にある詩の一節、
「もし運命によって支配されている
 天秤というものがありますなら、
 教わりましたとおりに、私は
 愛がその天秤を手にしていると信じるのです」
                        (引用は、前掲書)


校訂原典では、このCB.77の前にCB.76「ヴィーナス寺もうで」という詩があり、その詩を読むと「ヴィーナス寺」とは娼婦館の意味と解せる。
また、
「 BLANZIFLOR」は、11〜14世紀にかけて西欧で流行した、ムスリムの娘 Blanchefleurと騎士Floris(イングランドではBlanchefleurがキリスト教徒でFlorisがムスリムにとあべこべになっている)の恋愛物語 ”Floris and Blancheflour” に基づく。




「 FORTUNA IMPERATRIX MUNDI 」 
「フォルトナ、世界の支配者 」
新国立版「おお、運命よ」

25  O Fortuna 「おお、フォルトナよ」(ラテン語) 
新国立版「おお、運命よ」
CB.17 「月のような運命」 『全訳』P.22

==========================================以上



bur_paar.jpg





posted by 星跡堂主人 at 15:19| 東京 ☀| Comment(2) | 舞台 Theatre | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする