2010年12月31日

初春〜雑司が谷七福神

IMGP4253.JPG





雑司が谷は街全体がお寺や神社に囲まれた処です。
東京の副都心の間にありながら
無粋なビルや「再開発」という名の地域破壊も行われずに済んでいるのも
お寺さん(お墓も)と神社がどっかりとそれを阻んでいるからです。

だから私も以前から、方々で七福神があるのなら
雑司が谷なら簡単に作れるから作ればいいのにと思っておりました。
そしたらこの度、地域の方々のご尽力で
初春に合わせて目出度く「雑司が谷七福神」が合いととのったようです。

旅猫さんHPに掲載されているパンフと地図→
http://tabineko.seesaa.net/article/173797462.html


中でも私が心惹かれているのが布袋様 
この布袋様は今のジュンク堂書店のある交差点付近(かつてはこの辺りも雑司が谷町でした)
にあった石屋さんの店先にあったと伺っていますが、
空襲によって右の腕が欠けてしまったと聞いています。
以前、このブログで「雑司が谷に遺る戦痕」という記事を書き、
この布袋様を取り上げました。→
http://zoushigaya.seesaa.net/category/7399049-1.html

戦争を経験なさった方々は、初春早々、
思い出したくもない辛く苦しい戦災の記憶を甦らせることに
違和感や不快感をお持ちになる方もいらっしゃると思います。
しかし、敢えて雑司が谷に遺る戦災の記憶を
七福神の一つに加えたことは勇気ある見識だと、思います。

また巡ってこようとするお目出度い初春は、
多くの人たちの哀しみや苦しみをその根にもって
花開くことを、私は忘れたくないと思うのです。


「雑司が谷七福神」と一部重なりつつそれ以外のお寺巡りも紹介した
「雑司が谷初詣 ---- 雑司ヶ谷七巡りと護国寺」→
http://zoushigaya.seesaa.net/category/7454024-2.html

















posted by 星跡堂主人 at 18:20| 東京 ☀| Comment(0) | 雑司が谷の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする