2017年05月03日

新国立バレエ イーグリング版『眠れる森の美女』の特徴


-a_Belle_au_Bois_Dormant_-_Sixth_of_six_engravings_by_Gustave_Doré.jpg




今週末(2017年5月5日〜13日)から再演されるイーグリング版『眠れる森の美女』の版としての特徴を、初演時のレヴューをもと他の版と比較しながら、まとめてみました。

「プロローグ」
「冒頭のカラボス」
カラボスが冒頭で登場するのがイーグリング版では印象に残る。
さらに王宮への登場では大きなタランチュラに乗って現れ、ポアントで女性ダンサーが踊る。
このカラボスの設定はこの版の特徴であるが、初演時には今ひとつその効力を発揮していなかった。その理由は「第2幕」の終わりの所で述べる。

「妖精の数が1つ多い」
  妖精がリラの精も含めて7(通常は6)リラの精、誠実、優美、寛容、歓び、勇敢、気品。
  妖精の曲が足らないので「気品の精」には原曲第2幕の「男爵夫人の踊り」が使用される。

「リラの精のヴァリアシオン」 
振り付けは、ロシア系とは大きく異なり、ピーターライト版とほぼ同じ。


「第1幕」
・ほぼ、英国ロイヤルバレエ系の振付を踏襲(ロシア系とは異なる)。
・コーダ(オーロラの仮死)は、通常の演出よりもドラマッチックに演じられる。


「第2幕」
「プロローグ」も幾らか特徴があったが、イーグリング版はこの第2幕が最もユニーク。

・王子のソロに使用される事が多い「伯爵夫人の踊り」で王子と伯爵夫人とが踊る。

「王子のソロ」
原曲第3幕の「サラバンド」が使われる。
1946年初演のド・ヴァロワ/アシュトン版を踏襲したと思われるが、振付けは異なる。
マクミラン版もこの曲を使うが、イーグリング版の振付けは回転技が多く、アシュトン版よりもマクミラン版に似た感があった。

「パ・ダクション」
幻のオーロラは、通常版のようにジュテで飛び出さず、パ・ド・ブレで静々と現れると、
思っていたが、実際は、アラベスクで一度ポーズをして、ジュテで飛び出す型でした。
(私の記憶違いです)

「オーロラのヴァリアシオン」
どの版とも異なる独自の振付で、初見だと大いに戸惑う。
舞台奥の遠景のオーロラが徐々に前景へと現れてくる。
通常この踊りで強調されるアラベスクだけではなく、回転技も多い。
その点では、「王子のソロ」と呼応しているのかもしれぬ。
第2幕「オーロラのヴァリアシオン」に関しての振付の歴史に関しては、以下のページを参照されたし。
→ http://zoushigaya.seesaa.net/article/408519801.html?seesaa_related=category

「パノラマ」
通常は、リラの精に伴われて王子が森のお城へと向かう間奏的な場面だが、イーグリング版では、森の精のコール・ド・バレエが奇麗に踊る。
このシーンは新国立バレエ団特徴を活かして見応えがある。

「カラボスとの闘い」
プロローグでの印象的なカラボスのあり方からすれば、
もっと活躍しそうなものだったが、このシーンではあっけなく退散してしまう。
プロローグとこの幕との整合性に欠けるのだが、第2幕でのオーロラと王子とのラムールを重視したということか。
それはこの幕の掉尾を飾るパ・ド・ドゥを強調し、王子とカラボスとの闘いよりもオーロラと王子のうっとりするような踊りで幕を下ろしたかったからだろう。

「パ・ド・ドゥ」
通常はない、目覚めたオーロラと王子とのダンス。
曲はチャイコフスキーが美しいヴァイオリン独奏を入れ仕立てた「間奏曲」。
ピーター・ライト版や牧阿佐美バレヱ団が上演するウエストモーランド版には、この場面で間奏曲を使用したパ・ド・ドゥがあるが、それらの版ではオーロラは豪華なチュチュで踊るのだが、イーグリング版ではネグリジェで踊る。(ヌレエフ版では、この幕の王子の長く技巧的なソロの曲として使われる)
振付け全体としては、イーグリング自身がアレクサンドラ・フェリと踊ったマクミラン版の『ロメオとジュリエット』のバルコニーを思い起こさせるニュアンスがある。最後も深いベーゼでライトが落ちる。


第3幕
・美術(川口直次)や衣装(Toer van Schayk)が帝政様式に見える。
衣装に関して、再演(2017年5月)で王妃役を演じた仙頭由貴が自身のブログで
第三幕の王妃の衣装は、ナポレオン一世の皇妃ジョセフィーヌの肖像画がモデルとなっていると述べている。
→ https://ameblo.jp/sentoballet613/entry-12272924173.html
初演版は、ユグノー戦争を治めたブルボン家の初代アンリ4世から100年後の17世紀のヴェルサイユ宮殿がイメージされていたはずだが、やや違和感を持つ。

第3幕「踊り」順番
序「ポロネーズ」
1「宝石」(エメラルド、アメジスト、サファイア、金)
通常踊られている「サファイアの精」の5拍子のソロ(22-d)はカットされ、踊られる事の少ない「金の精」(22-b)のソロが入る
2「白い猫と長靴を履いた猫」
3「フロリナ姫と青い鳥」
4「赤ずきんと狼」
5「親指トム」(パ・ペリシオン)
6「グラン・パ・ド・ドゥ」
終「マズルカ」
「アポテオーズ」

「祝宴の踊り」
「宝石」
女性3人(エメラルド、サファイア、アメジスト)と男性1人(ゴールド)で踊られる。
通常演奏される五拍子の「銀の精」は(原典では「サファイア」)はカットされ、カットされることの多い「金の精」が、初演時の音楽とともにその振りを幾らか残しながら、男性らしい大きな踊りに変えられて踊られた。
(初演時は、福岡雄大、池田武志、小野寺雄の日替わり)
初演時にはこの曲が第2幕のオーロラのヴァリアシオンとして振付られた。現行のセルゲイエフ版では第3幕のリラの精のヴァリアシオンとなっている。

「赤ずきん」
振付を現代風に工夫した振付けで、「赤ずきん」を踊った五月女遥が出色。
ダブルキャストの広瀬碧も良かった。

「親指トム」(初演時は、八幡顕光、小野寺雄の日替わり)
最後に踊るのが庶民たる「小人」の乱入で、
これが異彩を放って良い出来だった。

そしてその直後に
オーロラと王子のグラン・パ・ド・ドゥが始まる。

「グラン・パ・ド・ドゥ」
「親指トム」からすぐにグラン・パ・ド・ドゥに繋がるので、
以前の新国立バレエ・セルゲイエフ版にはアントレで宝石たちが踊り祝福をしたが、その部分は今回の版ではカットされている。
この曲の流れの意図が何かはよく分からないが、後で少し触れる。

パ・ド・ドゥ及びヴァリアシオンは、基本的に英国系の振付で踊られ、特異な点は見られない。
だが、コーダのテンポが通常よりもずっと高速で踊られた。
ここには、振付家の何らかの意図を感じざるを得ない。
まさに「古典」とされるこのパ・ド・ドゥの振付けを基本的には変えることはなく、
しかし、一方で現在のダンサーによる現代的な表現として、このテンポはあったのではないか。
「祝宴の踊り」の最後に「親指トム」を入れそこに現代的な振付けを施し、それとこの高速コーダて古典的なパ・ド・ドゥをサンドウィッチした。
それが、このイーグリング版の第3幕の特徴といえる。

「アポテオーズ」
しかし、全編の最後は、ヌレエフ版のようにマズルカを踊り続けながら終わるという演出は採らず、あくまで古典の「アンリ四世讃歌」を謳い上げる「アポテオーズ」に戻って、幕となる。

以上です。

日本で『眠れる森の美女』を踊る事の意義も含めた、初演時の詳細なレヴューは、こちらにあります。
→ http://zoushigaya.seesaa.net/article/410430193.html?seesaa_related=category





La_Belle_au_Bois_Dormant_-_third_of_six_engravings_by_Gustave_Doré.jpg


挿絵は、Paul Gustave Doré による Charles Perrault "La Belle au bois dormant" (1867)









posted by 星跡堂主人 at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新国立バレエ団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

新国立バレエ『ベートーヴェン・ソナタ』           使用曲順とその作曲年代 

新国立バレエ『ベートーヴェン・ソナタ』
2017年3月17〜18日 於新国立劇場中劇場
演出・振付 中村恩恵   音楽監修・編曲 野澤美香

第1幕
「プロローグ」

モーツァルト『レクイエム』Introitus「Requiem aeternam(永遠の安息を)」Adagio ニ短調 4/4拍子 (ピアノ版) 1791年

「T」
ヴァイオリンソナタ第5番「春」作品24 第一楽章Allegro ヘ長調 4/4拍子 1801年
https://youtu.be/SkyA09JitSg?t=30s

「U」
ピアノソナタ14番『幻想曲風ソナタ』("Sonata quasi una Fantasia")作品27−2(「月光」)第一楽章Adagio sostenuto 嬰ハ短調 2/2拍子 1801年
https://www.youtube.com/watch?v=0siIoIWd62c&list=RD0siIoIWd62c#t=64


「V」
エグモント序曲作品84 ヘ短調〜ヘ長調 Sostenuto ma non troppo3/2拍子〜Allegro3/4拍子  1810年
https://www.youtube.com/watch?v=GaeB6Sn_rYM

「W」
弦楽四重奏第9番ハ長調作品59−3 第2楽章Andante con moto quasi Allegro イ短調 6/8拍子 1806年
https://www.youtube.com/watch?v=MCW15IvuwvM

「X」
弦楽四重奏第7番作品59-1 第3楽章Adagio molto e mesto〜attacca ヘ短調 1806年
https://www.youtube.com/watch?v=csk9OX4hDV0


「Y」
ピアノソナタ第25番作品79 第2楽章Andante ト短調 9/8拍子 1809年
https://www.youtube.com/watch?v=Wen7pREYFgw


第2幕
「T」

交響曲第7番作品92 第二楽章Allegretto イ短調 2/4拍子 1812年
https://youtu.be/9HcRwYjiXl4?t=11m48s

「U」
弦楽四重奏曲第15番作品132 第五楽章Allegro appassionato イ短調 1825年
https://youtu.be/tASP0Vgln-g?t=37m19s

「V」
ピアノソナタ第31番作品110 第三楽章変イ長調 序奏4/4拍子〜フーガ6/8拍子 1821年
https://youtu.be/Ez0oP9PHjCc?t=8m18s

「W」
交響曲第9番ニ短調第四楽章作品125 Prestoニ短調 3/4拍子〜Allegro assai ニ長調 4/4拍子 1824年
https://www.youtube.com/watch?v=S69IwyJZjZw

「X」
弦楽四重奏曲第15番イ短調 作品132  第三楽章 "Heiliger Dankgesang eines Genesenen an die Gottheit, in der lydischen Tonart"  Molto Adagio 〜Andante 1825年
https://www.youtube.com/watch?v=l8Mij38ciyw











posted by 星跡堂主人 at 14:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新国立バレエ団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

Les Contes d'Hoffmann 『ホフマン物語』  上演史



Laboccetta.jpg

"The Lost Reflection"  Mario LABOCCETTA による挿絵(1932年)


Les Contes d'Hoffmann 上演史

Les Contes d'Hoffmann (『ホフマン物語』)は、1851年のパリ・オデオン座で戯曲として上演されて以来、オペラ、映画、バレエ、コンテンポラリーダンスと、様々な形態で舞台化されてきました。
明日10月30日からは、新国立劇場バレエ団がピーター・ダレル版のバレエを上演します。

主に、オッフェンバックのオペラが中心になりますが、管見に入る限りで、
その上演史をまとめてみました。


1851/03/21  Les Contes fantasiques d'Hoffmann (戯曲版)
Theatre de Odeon,Paris で初演される。
脚本は Jules Barbier Michael Carré
1幕 Prologue
2幕 Opympia from “DerSundmann” (1816)
3幕 Antonia from”Rath Krespel”(1819) ("Councillor Krespel", also known in English as "The Cremona Violin")
4 幕 Giulietta from "Abenteuer in der Silvester nachat" (1814) "Das verlorene Spiegelbild" ("The Lost Reflection") from Die Abenteuer der Sylvester-Nacht (The Adventures of New Year's Eve), 1814.
5幕 Epilogue

1880-10-05  Jacques Offenbach Opera Les Contes d'Hoffmann 作曲途中で死去。

1881/02/10  Opéra-Comique,Paris で Les Contes d'Hoffmann 初演。
Ernest Guiraud が未完部分を補い、ディアローグをレチタティーヴォへ変更など。
しかし、オペラコミックの支配人 Leon Carvaille はニクラウス=ミューズ役のパートを大幅にカットし、
4幕のジュリエッタ部分も全てカット代わりに"Baracrolle" をオフェンバックの別の作品『ラインの妖精』
(”Les Fées du Rhin”, “Rheinnixen”)から挿入
その他、オッフェンバックがホフマンの小説から引用したと思われる箇所。
≪chanson de Kleinzach≫ (acte I) qui brosse le portrait du héros grotesque d'un roman court de E. T. A. Hoffmann: Le Petit Zachée surnommé Cinabre ou Petit Zacharie, surnommé Cinabre (Klein Zaches, genannt Zinnober, 1818)

Le personnage de Pittichinaccio est, lui, puisé dans la nouvelle Signor Formica (in Les Frères de Saint-Sérapion, 4e partie).

Enfin Hoffmann consacra un chapitre des Fantaisies à la manière de Callot (1re partie, 1813) au Don Juan de Mozart, dans lequel la cantatrice qui interprète Donna Anna meurt d'avoir trop chanté, ce qui renvoie au rôle interprété par la cantatrice Stella (actes I et V) mais aussi à la mort d'Antonia (acte III).

1881/12/07  Ringtheatre,Wien で初演するも、翌日劇場は火災に見舞われ何百人も死ぬ。
「アントニア」の幕のミラクルのせいだという流言が流布し、レパートリーから外れる。
(しかし、オペラコミック版は4幕を殆ど削ったはずだが、、、
ミラクルは残ったのか? E.Guiraud が4幕ジュリエッタの幕を復活させていたという説もあり)

1887 オペラコミックが火災に遭い、オーケストラ譜などが焼失。
この二つの火災事件により、『ホフマン物語』には呪いがかけられていると、巷談に取り沙汰される。

1893 Salle de la Renaissance du Théâtre-Lyrique,Paris で漸く再演される。

1904 Opéra de Monte Carlo,director Raoul de Gunsbourg and André Bloch ( re-orchestration)
integrating the fourth act(Juliet)after the second act (Olympia ) and adding his own compositions (air Everywhere Sparks, diamond,septet on the theme of Barcarolle, Perte du reflet) based on the music of Offenbach.
元々第4幕だったジュリエッタのパートが再構成されて、第2幕オランピアの後に置かれたらしい。
オランピア→ジュリエッタ→アントニアの順がこの版で構成される。
ジュリエッタ幕の決闘シーンの背後で「Barcarolle」が流れる。

1905 Commish Opera,Berlin で Hans Gregor のプロデュースで再演。
Maximilian Moris の演出によりジュリエッタの幕も再構築されるが、作曲者に依らない曲「ダイヤモンドのアリア」等が挿入され、オランピア→ジュリエッタ→アントニアの順にされた。
但し、ホフマンが鏡像を失った事はカットされて、シュレミルを殺すなど筋立てに混乱があり、長さも短かったためアントニアの幕の前に置かれたらしい。

1907  1904 年の Raoul de Gunsbourg ,André Bloch に基づき
Edition Choudens が修正第5版を出版する。
プロローグにミューズは登場せず、オランピア→ジュリエッタ→アントニアの順
この版がその後長らく決定版として流布する。

1911  Edition Choudens(ショーダンス版)により、原脚本の Michael Carre の甥 Albert Carré が演出し オペラコミックで再演される。

1929/2/12  Berlin Kroll Opera で Alexander von Zemlinsky プロデュース、 Ernst Legal 演出、Otto Klemperer 指揮で再演される。
Ernst Bloch は上演を見て「アントニアの幕は音楽やその悲劇性において最後に置くべき」などの批評を書く。 Kroll Opera はナチ議会の本部が置かれ、大戦中に破壊され、その後再建はされなかった。

1948  Louis Musy 演出、André Cluytens の指揮でオペラコミックで、戦後初の上演。

1950/3 宝塚歌劇団雪組(脚本演出:執行正俊、オッフェンバックの音楽を酒井協、山根久雄が編曲)が上演。
 春日野八千代(ホフマン)音羽信子(アントニア)緑八千代(ニクラウス)朝倉糸子(オリンピア)天城月江(リンドルフ)
 5月には東京帝国劇場でも上演。(東京宝塚劇場は「アニー・パイル劇場」として米軍に接収されており使えず)
  

1951  Michael Powell and Emeric Pressburger により映画化、
音楽指揮 Thomas Beecham cond. Royal Philharmony
Robert Rounseville, Moira Shearer, Robert Helpmann and Léonide Massine らが出演。
オランピア→ジュリエッタ→アントニアの順

1958  Gelsenstein/Voigtmann 演出 Berlin Comisch Oper
1851 年 Jules Barbier Michael Carré による台本復元で、ドイツ語による台詞を入れ、大きな改作がなされる。

1961  Théâtre de la Monnaie, Bruxelles で Maurice Béjart による演出がなされる。

1972/04/06  Edinburgh King's Theatre Scotish Theatre Ballet
Peter Darrell (choreographed) J.Lanchbery (arranged) A.Livingstone (design), P.Pasic( decor).
1976, 1982/04, 1984/05, 1987/05 に再演。
1998/04 resteged. Decor Spalanzani & P.Farmer 
レヴュー
Tales of Hoffmann Proved a hit not just for Scotish Ballet, but for the international companies who took it into their own repertoires. (“Scotish Ballet Forty years”, 2009 Saraband Scotland)
“Noriko Ohara in captivating form as Olympia, the lifelike mechanical doll” (“Scotish Ballet Forty years”) “Noriko Ohara(an exquisite Antonia)” (“Glasgow Herald” 05/24/1984)

1974  パリオペラ座での初上演。Patrice Chereau による演出。

1977  Fritz Oeser による校訂新版が Kassle の Alkor 社から出版される。(エザー版又はアルコア版と呼ばれる) この版は、オフェンバックの遺産継承者 Cusset 所有のスケッチなどに基づいて校訂版を作成。
ショーダンス版 オランピア→ジュリエッタ→アントニアを
元の戯曲にあるオランピア→アントニア→ジュリエッタに戻した。
プロローグーにミューズ(ニクラウス)を登場させたので、ニクラウスの役割が大きくなる。
またジュリエッタの場面では賭博場シーンも復活させた。
現在各地で上演される演出は概ねこの版に基づいているが、 但しジュリエッタが毒を誤って飲んで死ぬという点は、その後の演出では採用しないものもある。


1978/4/1 宝塚歌劇団花組、宝塚バウホール杮落し公演として上演。(脚本演出:菅沼潤、編曲:吉崎憲治)
 アントニア→オランピア→ジュリエッタの順
ホフマン(安奈淳/寿ひづる)ニクラウス(松あきら/真汐ちなみ)悪魔他4役(みさとけい/宝純子)アントニア(上原まり/北小路みほ)オランピア(邦月美岐/如月巳麗)ジュリエッタ(北原千琴/如月巳麗)

1988/10/15  牧阿佐美バレヱ団、バレエ ピーター・ダレル版を上演。
ホフマン三谷恭三/今村博明、リンドルフ本多実男/堀登、ステラ豊川美恵子/草刈民代、、オランピアゆうきみほ、アントニア川口ゆり子、ジュリエッタ大原永子

1990/11/23  牧阿佐美バレヱ団、バレエ、ピーター・ダレル版再演。
ホフマン三谷恭三/今村博明、リンドルフ本多実男/堀登 ステラ豊川美恵子/草刈民代、オランピア大畠律子、
アントニア川口ゆり子、ジュリエッタ大原永子/佐々木想美。

1996  Michale Kaye 演出 Opera nationale de Lyon
1984 年に発見されたオッフェンバックの草稿に基づく版。ジュリエッタの幕を補完し、彼女は毒薬で死ぬ。

1998/12  名古屋市芸術創造センターにてバレエ、深川秀夫演出・振付版が上演される。

2000/10/5  牧阿佐美バレヱ団、ピーター・ダレル版を再々演。
ホフマン森田健太郎/逸見智彦、リンドルフ/正木亮羽/相羽源氏、ステラ坂西麻美/橋本尚美、 オランピア佐藤朱実/橘るみ、アントニア上野水香/柴田有紀、ジュリエッタ田中祐子/平塚由紀子。

2002  Robert Carsen 演出 Opera nationale de Paris

2002  Olivier Py 演出 Grand Théâtre de Genève

2003  Jean-ChristopheKech演出 LausanneOpera
1993 年に発見された資料に基づく版。ジュリエッタの幕に新たな要素を入れる。

2010/07/16  Noism 金森譲の演出振付で上演。音楽はトン・タッ・アン(an ton that、ヴェトナムの作曲家) オランピア→ジュリエッタ→アントニアの順でそれぞれを四精霊の木、火、水、に見立てた。
ステラ(亡き女優とされる)を含めた主役ダンスーズ4役を井関佐和子が一人で踊る。

2015/10/30 新国立劇場バレエ団(東京) バレエ ピーター・ダレル版を上演。
装置:川口直次、衣裳:前田文子、照明:沢田祐二
ポール・マーフィー指揮 東京フィルハーモニー交響楽団

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/hoffmann/




hugo Steiner-Prag.jpg

”Councillor Krespel” Hugo STEINER-PRAGによる版画挿絵(1943年)


参考文献
・ショーダンス版 スコア Les Contes d'Hoffmann  
 Ernest Guiraud (1837–1892), completion Paris: Choudens Fils, 1907. Plate A.C. 5100

・Tales of Hoffmann  illustrated by Mario LABOCCETTA 1932,New York

・The Tales of Hoffmann illustrated with lithograph by Hugo STEINER-PRAG 1943,New York

・『ホフマン物語 オペラからスクリーンへ』 Monk GIBBON 光吉夏弥訳 1952,アーサークラブ

・『ホフマン全集』 深田甫 編集  1971〜

・『集英社版世界文学全集18 砂男他』 池内紀 解説  1979

・””E.T.A.HOFFMANN” (『E.T.A.ホフマンの世界』) Eberhard ROTERS 金森誠也訳 1981,Berlin 2000,吉夏社

・"OFFENBUCH Les Contes d'Hoffmann” Attila CSAMPAI, Dietmar HOLLAND 酒巻和子訳 1984,Hambrug 1988,音楽之友社

・ ”E.T.A.HOFFMANN, Das Leben eines skeptischen Phantasten” (『E.T.A.ホフマン-ある懐疑的な夢想家の生涯』) Rüdiger SAFRANSKI 識名章喜訳 1984, München Wien 1994,法政大学出版

・『ホフマン物語』ジュール・バルビエ台本 安藤元雄訳(原著不明) 1988,新書館

・『ジャック・カロ リアリズムと奇想の劇場』 中田明日佳編  2014,国立西洋美術館

・ユリイカ「特集ホフマン 悪夢と恍惚の美学」 1975年2月

・Les Contes d'Hoffmann  wikipedia Français,English,Deutsch





















続きを読む
posted by 星跡堂主人 at 00:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新国立バレエ団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする