2014年09月27日

私の、見知っていた名古屋 栄町丸善、明治屋、丸栄

栄町の丸善は、本好きの父によく連れて行ってもらった。
ただここは理系の本の方が文系のものよりも揃っていたように思う。
これは単に名古屋という街の特性が反映されていたのだろうか。

しかし、丸善はもうなかった。
大きな空き地となっていた。
丸善の隣が明治屋だと思っていたが、
こうして空き地になってみると、
丸善ビルは、明治屋をぐるりとコの字型に取り囲んでいた事が分る。
思い起こせば、確かに丸善の内部は直角に折れ曲がっていた。
ただ当時は、あまりそういう事を意識しなかった。

所が、その囲まれていた明治屋も閉まっていた。
まだ建物は残っていたが。
ここは一体開発でもするのだろうか。

今後に関しての記事、未だ明確ではないようだ。
→ http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/news/20140522-OYT8T50053.html


戦前の美しいファサードを持つ明治屋ビルがなくなるのは、
本当に詰まらないことだ。
東京と同じように無粋で経済優先の街の破壊は進むのだろう。
それが何を齎すか、名古屋の人も冷静に考えて欲しい。
そういえば、もう名古屋駅もなかったのだなあ。
父から「東洋一の駅」だと自慢された名古屋駅は
ただの高層ビルになっていた。
「駅」は街の顔であり、人々の記憶の源泉だ。
旅先から帰って、見る駅の姿は本来故郷の象徴であるはずだ。
東京は辛うじて、それを守った。多くの人の思いがそこに結集出来たからだが。

IMGP3587.JPG

裏側からみた明治屋
向こうの茶色い建物が明治屋
手前の空き地に丸善が建っていた。

名古屋丸善の歴史を詳しく紹介しているサイト
http://network2010.org/article/1024

http://www2.aasa.ac.jp/org/lib/j/issues_j/metomimi/archives/2012/06/entry_67.html



明治屋、広小路側のファサード
IMGP3565.JPG


1938年(昭和14)に竣工したこのビルは、
30年代に世界的に流行した新古典主義のスタイル、
要するに、元々は丸い曲線の柱の列柱を用いたグレコ・ローマンスタイルを
四角く鋭角的な列柱に代え、
垂直ラインをより強調し直線的なスタイルに仕立て上げた様式を用いている。
同時期のナチスの建築や現在のアメリカ連銀もよく似たスタイルだ。

ナチス総統官邸ファサード、1939年竣工

Bundesarchiv_Bild_146-1988-092-32,_Berlin,_Neue_Reichskanzlei.jpg

出典→ http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1c/Bundesarchiv_Bild_146-1988-092-32%2C_Berlin%2C_Neue_Reichskanzlei.jpg

FRB(アメリカ合衆国連邦準備銀行)のあるEccles Buildingのファサード、1937年竣工
1024px-Marriner_S._Eccles_Federal_Reserve_Board_Building.jpg

出典→ http://en.wikipedia.org/wiki/Eccles_Building#mediaviewer/File:Marriner_S._Eccles_Federal_Reserve_Board_Building.jpg



IMGP3586.JPG

真下から見上げたファサードは天に向かって垂直に昇って行くように見える。

こうした歴史的な様式を持つビルをいとも簡単に壊すのは、
結局の所、私たちの社会が歴史を忘却し、省みない象徴とも言える。

IMGP3566.JPG


正面玄関に刻まれている「MEIDI-YA CO.LTD」の文字

IMGP3585.JPG

閉店の告知


美しい階段ホール
IMGP3582.JPG

戦前のビルによく見られる螺旋階段の美しい曲線

IMGP3576.JPG


IMGP3574.JPG

照明のデザインもいいなぁ〜



ホールが曲線的な三角形に切り取られているのも優雅だ
IMGP3573.JPG




この明治屋の通りを挟んですぐ東側に村野藤吾設計の丸栄百貨店がある。
1953年(昭和28年)竣工
これはその西側側面のモザイクタイル、
西日が当たる時間だともっと色鮮やかに輝く
IMGP3568.JPG


特に上方向への垂直のラインがはっきりと分る
東側の側面
IMGP3592.JPG




こちらは名古屋一の目抜き通りである広小路側の側面(北側)、
垂直のラインが強調された格子上の、横への連続面がとても印象的
IMGP3602.JPG


IMGP3595.JPG


内部の黒い大理石にはめ込まれた
「丸栄」の屋号
IMGP3597.JPG

以前はこの屋号の近くに
「昭和28年の建築学会賞」受賞のプレートもあったのだが、
今回は見当たらなかった。

広小路通側のショウウインドウと柱
無くなった丸善が今はこの丸栄の内部に移転したようだ。
IMGP3563.JPG



さて、この丸栄の東側の通りを挟んだ所に
私の行きつけの喫茶店「びぎん」がある。
ごっちゃごちゃの看板の中に「珈琲だけの店びぎん」の小さな看板が見える。

IMGP3588.JPG


こちらが正面
IMGP3590.JPG


しかし、、、
IMGP3591.JPG

何と臨休だった、、、残念!
ここのネルドリップで入れた珈琲はいまや貴重な濃厚なアロマを漂わせ
カップの曲面を唇にあて、下へと流し込むと何とも言えない甘さを感じる。
東京でも今やこうした珈琲は少ない。
名古屋というと「モーニング」などと云われるが、
あれは名古屋の風習ではない。(一宮発祥)
丸栄が出来た時、昭和28年開店の
私のうちの喫茶店も「モーニング」はなかった。
びぎんのような名古屋の老舗が、いつまで遺っているか、とても心配している。


私の、見知っている名古屋は、
だんだんと亡くなって行く運命(さだめ)なのだろうかと、思うと
寂しさを禁じ得ない。
私自身が名古屋に忘れられて行くように思われてしまうからだ。




















IMGP3559.JPG





















posted by 星跡堂主人 at 18:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック