2013年11月24日

上野〜谷中〜雑司が谷 さんぽ


P1020848.JPG


芸大美術館へ行く途中、
いつも前を通るだけで中に入っていなかった
国際こども図書館へ。
http://www.kodomo.go.jp
ここはかつての帝国図書館、明治39年(1906)に建てられ、
その後、昭和初期に左のファサード部が増築されている。



3階まで吹き抜けになっている内部の階段も美しい
P1020840.JPG


P1020841.JPG



P1020843.JPG



展示室(本のミュージアム)の壁と天井

P1020846.JPG


そこへの入り口が興味深い

P1020849.JPG


かつての外壁部分の外側を覆い廊下を付け、
窓の一部を入り口に改造しているのだ。
こういうリノヴェーションは珍しいのではないだろうか。



その後、
芸大美術館で山田寺仏頭を拝見。
仏頭の位置がかつて全身があったであろうその位置にあったので、
こんなお姿だったのかと、想像出来て良かった。

十二神将もそれぞれ個性があって、
特に口を開け遠方を眺めている毘羯羅大将が剽軽で愛らしかった。
摩虎羅大将の斧にはハートマークが空いていた、(^o^)

深大寺の釈迦如来倚像もいらしゃり、
これが如何にも端正な白鳳仏そのもののお姿で美しい。
かつては、まさに十二神将で有名な奈良の新薬師寺にあったとも。
→ http://jindaiji.sakura.ne.jp/home/jindaiji/jindaiji202.html


芸大の美術館を出ると
お庭には、巨大な樹がそびえ立っている。

P1020855.JPG


よ〜く見ると、巨大な幹はほとんどうろになっており
周囲を根のような枝のようなものがぐるぐると絡み付いている。

P1020850.JPG



P1020851.JPG


まさに、ご神木の風格で、
ここに来るたびに、思わず手を合わしたくなる。
槻には見えないが、椎だろうか?


ここに来ると、その後は、
桃林堂で季節のお菓子を戴き、
http://www.tourindou100.jp/tenpo/toukyou_tenpo/ueno_shop.html
カバヤ珈琲さんでルシアンカフェとサンドイッチを食べる。
http://taireki.com/kayaba/

その後、谷中霊園へ
途中で豆大福の岡埜栄泉にも立ち寄り、、、(^o^)
http://www.wagashi.or.jp/tokyo_link/shop/1219.htm



で、漸く谷中霊園へ
ここは、雑司ヶ谷霊園に比べると、
石仏は少ない。
下町から移された江戸期の墓所が少ないのかもしれない。

P1020857.JPG

しかし、丸彫りの立派な仏様もいらっしゃる。
お顔立ちから江戸初期のような雰囲気もあるが、
銘が無いので分からない。



P1020860.JPG

こちらは、明和、安永の年号が刻まれている。
この時代にしては、やや現代風なシャープなお顔立ち。
家紋が光背のように入っているのも、珍しい。




歩いていると、こんな立て板も、、、

P1020859.JPG


雑司ヶ谷も猫が多いが、そのうちこんな嫌な立て板が立つのだろうか、、、
管理事務所はきっと猫が多くなって困っているのかもしれないが、
何とも残念、、、もう少し何か知恵を出し合えないものだろうか。


谷中霊園の端、幸田露伴旧宅跡辺を曲がると、
最後のスイーツ、ショコラのお店に出るが、
http://www.inamura.jp
その近くに

P1020861.JPG


美しい窓のファサード、良い建物だなあ。
こういう建物が今はどんどん無くなり、
詰まらないビルばかりになっている。



日暮里から大塚、都電で雑司ヶ谷へ

都電の電停から雑司ヶ谷霊園に入る入り口の横に
石仏が出迎えてくれる。
よ〜く見てないと気づかないが、フェンスの向こうに二体、いらっしゃる。

P1020866.JPG

元禄十三年(1700)銘の観音菩薩像






P1020869.JPG


黄葉が美しい頃になってきた。

P1020883.JPG



この時期から初冬にかけては
山茶花もよく咲いている。

P1020870.JPG




最近、案内板が出来た
聖心学院の墓所

P1020873.JPG




霊園を出て、南へ
宣教師館のある辺へ通じる路地も秋色だ。


P1020887.JPG




来週の土曜日
11月30日に雑司ヶ谷霊園を歩く「ぞうさんぽ」を開催します。
詳しくはこちらの「ぞうさんぽ」ブログをご覧下さいませ。
→ http://michikusa-walk.seesaa.net/article/379025803.html










P1020847.JPG


















posted by 星跡堂主人 at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 le Journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]