2013年04月21日

さくらのあとの雑司が谷



IMGP0044.JPG




美しくひと目にとまるさくらは散ってしまったけども、
雑司が谷のひっそりとした路地には、様々な花が咲き、新緑にあふれています。



IMGP0037.JPG


家の塀からあふれて咲いているしろやまぶき



路地の家と家の境に残されている大きなけやき

IMGP0038.JPG



さらに奥へと、路地を分け入って行くと、、、、

IMGP0039.JPG


今まで気づかなかった
ふじの花で埋まっている古い民家が、、
この横の路地は何度も通っているのに、そこをちょっと横に入った所に
こんな立派なふじの花が咲いているとは。

IMGP0041.JPG



IMGP0043.JPG


民家がふじに包まれて、そこに生れた出たような
美しい光景でした。

ここの路地は以前に
「翁の路地」と命名して紹介していますが、
http://zoushigaya.seesaa.net/article/134267585.html

その、竹やぶのある大きな家の反対側のさらに小さな路地を入ったところに、、、
こんなにもふじの花が咲き乱れている別天地があるとは、
雑司が谷を歩く楽しみとは、こういうところにこそありますね。




その、路地を抜けていくと、雑司ヶ谷霊園
新緑が美しく光っています。

IMGP0046.JPG


霊園は、新緑と黄葉の季節がもっとも美しくなります。



霊園をよこに御嶽坂を下って行くと
白鳥稲荷さんに、

IMGP0049.JPG



小さな祠のまわりの生垣、
八重のつばきが美しく咲いています。

IMGP0047.JPG






IMGP9871.JPG


この写真は小石川植物園のもみじの花、
霊園のもみじにも花がつきだしていますね。
緑の葉の先に小さく、慎ましく咲く、
それがもみじの花です。
こういう花もいいなあと、このごろは思います。





















posted by 星跡堂主人 at 18:23| 東京 ☁| Comment(0) | 路地のたのしみ Le plaisir de le chemin étroit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。