2013年03月09日

『ジゼル』 終幕の音楽



Giselle_(A._Benois)_03.jpg

パリ・オペラ座図書館に残る『ジゼル』第2幕、アレクサンドル・ブノワの美術絵



『ジゼル』 終幕の音楽

バレエ『ジゼル』はアドルフ・アダン作曲
(第1幕、ジゼルのヴァリアシオンはミンクス、
ペザントPDDはブルグミュラーの作曲)
現在、終幕(第2幕の終わり)の音楽は3種類あります。

1 原曲どおりの型
2 デンマーク版と云われる型
3 終曲を変奏させた静かに終わる型

1 マリインスキーバレエ(サンクト・ペテルブルク)
  オブラスツォーワ、サラファーノフ 開始約1分後くらいから終曲に
 http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=wyf5vCv6N68&feature=endscreen

ジゼルが墓に消えてから(ロシア系なので墓は上手前にあります)、
音楽が急に賑やかになり、幕に。
墓の前でジゼルの死を悼む物語内容とは、今ひとつ不釣り合いです。
この原因は、
元の脚本・演出(テオフィール・ゴーティエ)ではこの場面で、
クーラント公と婚約者であるクーラント公の娘バチルド姫が登場し、
倒れているアルブレヒトを助け起こすというものだったためと思われます。

所が、いつの頃からかそういう演出はなくなり
(1960年代前半にロンドン・ロイヤル・バレエの来日公演で
元の通りの演出がされ日本の客が戸惑ったという記録が残っています。)、
今はどのバレエ団でもクーラント公もバチルド姫も登場しません。
なので、原曲どおりの型は演出の変化と合っていないのではないでしょうか。

2 パリ・オペラ座
  プジョル、ル・リッシュ  開始から4分50秒くらいから終曲に入ります
 http://www.youtube.com/watch?v=Yp9zZ_Py2bc

西欧なのでジゼルの墓は上手奥にあり、ジゼルがすっぽんで墓に消えた後、
弦楽合奏で美しい旋律が流れてきます。
ガルニエでフランス風の繊細なこの美音を聴くと身震いするほど感動します。
この映像のニコラのアルブレヒトの振る舞いは、
マントをもって帰っていくというものですが、
私が見た限りでは他のエトワールはしていない特異な型 です。
多く(イレール、ルグリ、ベラルビ、マルチネス、)は、
花を抱いて舞台中央を漂うように歩くという型でした。
 

同じ型のロンドンロイヤルバレエ(コジョカル、コボー)5分30秒くらいから
 http://www.youtube.com/watch?v=UHfLZmwVP-Q&feature=endscreen

同じ曲でも編曲や演奏が微妙に違います。
ジゼルが墓に消える前に花を一輪落とすのが特徴的か?
今回の新国立バレエ団『ジゼル』も、イングランドから指導者が来たからか、
この花を落とすやり方をしていました。
幽霊又は死人として表情の少ないオペラ座のプジョルく比し、
コジョカルはとても人間的な 表情をしていますね。
この辺りがパリとロンドンの違いでしょうか。


3 モスクワ・ボリショイ劇場バレエ
  オシポワ・ワシリーエフ 1分40秒くらいから
 http://www.youtube.com/watch?v=uouK5Klv1ZM

モスクワでは古くからこういう型であったようで、
メッセレルの指導で『ジゼル』を上演した東京バレエ団もこの型を採っています。
また、新国立バレエ団はマリインスキーのドゥジンスカヤによりセルゲイエフ版が導入されたのですが、
終曲だけはこの3のモスクワ系を用いており、
今回の上演でも、この部分は西欧系の2にはされず3のままでした。

この演出でも花が使われていますが、
なぜ花の演出が終幕に出てくるかに関して、
『ジゼルという名のバレエ("The Ballet called Giselle")』で
シリル・ボーモント(Cyril.W.Beaumount)は、
作曲者のアドルフ・アダンが
ゴティエ、サン・レオンにジゼルが墓に戻るという演出の変更を提案したとし、
以下のような、アダンの手記を引用しています。

「ジゼルは朝の最初の光で自分の墓に戻ることになっていたが、
わたしはこの終わり方はあまり詩的ではないと思っていた。
そこで恋人が彼女の身体を 花の咲き乱れる中に横たえ、
その体がゆっくりと見えなくなるようにしてはどうかと考えた。
このクライマックスで、元のよりもよくなって、
とても詩 的な伝説にふさわしい終わり方をし、予想された通りの成功を収めた。」

この証言を裏付けるような記録が、2002年にオークションに突如出品されました。
1860年代のパリでの『ジゼル』上演のノーテーション(Henri Justamant による記録)で
ケルンのドイツ・ダンスアーカイヴ(Deutsches Tanzarchiv)が落札しました。
このノーテーションでも、
ジゼルは草むらに横たわり消えて行くようになっています。
その後、大公とバチルドが現れて、幕となったと記されています。



729D.jpg












posted by 星跡堂主人 at 17:07| 東京 ☀| Comment(0) | 舞台 Theatre | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]