2011年05月25日

雨あがりの雑司が谷



五月の雨あがり、
雑司ヶ谷霊園の樹々が、もっとも美しくなるころ、
きのう(24日)は、そういう午後でした。



IMGP6168.JPG





IMGP6215.JPG







霊園が霊園になる前の、
江戸時代の名主の家の境界にあった
けやきの木立が、今もまっすぐに並んでいます。


IMGP6173.JPG




IMGP6165.JPG




IMGP6180.JPG








しかし、中にはこんな無惨に枝を切られている銀杏も、、
雑司ヶ谷霊園管理事務所の説明、曰く
「樹木医の指示によって切っています。」


IMGP6179.JPG


IMGP6175.JPG







この時期、咲いている花は少なめですが、


IMGP6164.JPG



この白い花も、つつじの一種でしょうか。

IMGP6193.JPG



これはまた別の花、

IMGP6224.JPG





木洩れ日、

IMGP6195.JPG




彫刻のような樹皮で、枝ぶりも芸術的で、
ひときわ目立つ大木、イヌシデでしょうか。

IMGP6200.JPG




下から見上げると、まるで岡本太郎の作品のよう

IMGP6203.JPG







霊園の出口近く、
今度は何とも無粋な光景にでくわす、、、
「動物の遺棄・虐待は犯罪です  環境省」

IMGP6227.JPG


「植物の虐待は犯罪ではないのでしょうか? 環境省様」






IMGP6161.JPG






霊園を出て、路地へ


IMGP6157.JPG




IMGP6156.JPG




IMGP6148.JPG




IMGP6153.JPG





IMGP6158.JPG






その先、女子大の寮に咲いていた白い花々


IMGP6145.JPG






そして、まもなく
雑司が谷も、紫陽花の季節。


IMGP6136.JPG









シーベルト万緑に問う吾はなに

























posted by 星跡堂主人 at 00:13| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑司ヶ谷霊園 Cimetière de Zoushigaya | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。sasaと申します。こちらの雑司ヶ谷の画像1点、私のHPで使わせていただくことは可能ですか?「ヶ/ケ」について現在調査中のレポート資料に使いたいのですが。
Posted by sasa at 2011年05月29日 11:42
sasaさま
はじめまして。
「ヶ/ケ」の調査とは大変興味深いテーマですね。
どうぞお使い下さいませ。

私も関心がのあるテーマなので、
お使いになられたら、
そのページをお知らせ下さると、有り難いです。


Posted by 星跡堂 at 2011年05月29日 12:37
星跡堂さま:即決のお返事に感謝。では有難く。完成しましたらまた訪ねます。まずはお礼まで。
Posted by sasa at 2011年05月29日 15:31
星跡堂さま
sasaです。「ヶ/ケ」初回が上がりましたのでお知らせいたします。
http://www.maroon.dti.ne.jp/spluso/%23page/no6.html
稚拙な内容ですが。
画像をお借りしましたので、Link張らせていただきました。
ご迷惑であればご連絡ください。
Posted by sasa at 2011年06月07日 09:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック