2010年10月27日

今年の御会式 

御会式は、日蓮さんの命日に因んで行われるお祭りです。
弘安5(1282)年10月13日に実際に日蓮さんが亡くなられた池上本門寺さんでは、
毎年10月11日〜13日までの間、御会式法要が盛大に行われます。(堀之内妙法寺さんも同じ日程)
雑司ヶ谷法明寺さんでも、13日に「宗祖御会式」を行い、これとは別に
鬼子母神御会式が毎年16日〜18日に行われています。
これは江戸時代から伝わる伝統のある行事で、
天保年間に刊行された『江戸名所図会』(斎藤月岑著編、長谷川雪旦画)にもその様子が描かれています。

img_20060224T151904397.jpg



16日の初日は主に町内御練りで、各講の町内を回ります。
私の地域の講「三嶽中嶋」講は、雑司が谷ぐるっと公園に集まって、
三嶽坂にある三嶽権現さんの祀られている清立院にお参りをします。

IMGP3095.JPG



この晩は、子供達が主役で、小学校高学年〜中学生が纏を廻したりします。

IMGP3070.JPG



IMGP3111.JPG


集まった子供達には、講からお土産も貰えます。



さて、2日目は、
永禄4(1561)年に農夫が鬼子母神さんを最初に土の中からみつけた
(こういう土の中からの発見は、
漁師の網に引っかかったという浅草の観音さんなどと似ている出現伝説ですね)
とされている、お穴の鬼子母神さんから始まり、
不忍通り、目白通りを経由して、鬼子母神参道から鬼子母神堂、法明寺さんへとお練りします。


IMGP3142.JPG


お穴の鬼子母神での万灯 




IMGP3170.JPG


各講の代表が参集してお参りをします。




IMGP3208.JPG


不忍通りに集まった各講の万灯




IMGP3210.JPG


三嶽中嶋講の万灯





IMGP3264.JPG


御練りの始まりを待つこどもたち



さあ、始まり!
纏を見事に操る少女

IMGP3266.JPG





IMGP3258.JPG


うちわ太鼓を元気に叩く



IMGP3278.JPG






3日目の様子はまた改めて


IMGP3190.JPG










posted by 星跡堂主人 at 23:10| 東京 ☁| Comment(0) | 御会式 お会式 雑司が谷 鬼子母神 雑司ヶ谷  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]