2010年04月17日

雑司ヶ谷霊園の春 野の花ら Le printemps du cimetière de Zoushigaya 2

3月になると、毎年様々な野草が咲き始めます。
霊園は野草の宝庫なのですが、今年は例年になく遅く、
3月末になって漸く一斉に咲き始めてきた感じでした。
寒暖の差が大きかったことが影響したのでしょうか。


霊園だけでなく、雑司が谷では街のどこそこにも咲いている諸葛菜(花大根)。

IMGP1115 のコピー.JPG



小さな小さな花のつめ草

IMGP0507 のコピー.JPG


しかし、さらにちいさく小指の先ほどの花、
きゅうりぐさでしょうか?

IMGP1056 のコピー.JPG



愛らしい姫へびいちご

IMGP0502 のコピー.JPG



同じように鮮やかな黄色ですが、もう少し大きめのかたばみ

IMGP1068 のコピー.JPG




あかむらさきのからすえんどう

IMGP1134 のコピー.JPG



霊園ではやや少なめの菜の花、
100年前に亡くなった子どもの墓前に咲いていました。

IMGP1135 のコピー.JPG



白く清楚な雪柳

IMGP0510 のコピー.JPG



私は、よく馬酔木と間違えてしまうどうだん躑躅

IMGP1106 のコピー.JPG




これからもっとたくさん咲いてくるほとけのざ

IMGP0506 のコピー.JPG



おおいぬのふぐり

IMGP0539 のコピー.JPG



江戸時代の小さなお墓の前に並んで咲いていました。

IMGP0540 のコピー.JPG




野草の名前、識別は、
私には大変難しく、ご見識のある方のご教授を戴ければ幸いです。












posted by 星跡堂主人 at 16:11| 東京 ☁| Comment(0) | 雑司ヶ谷霊園 Cimetière de Zoushigaya | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]