2009年11月22日

雑司ヶ谷霊園の秋

IMGP4190 のコピー.JPG

雑司ヶ谷霊園が一年で一番美しい季節は、新緑の五月と
銀杏の木々が金色に輝き、
舗道が落ち葉の絨毯に変わる、今頃から十二月の初めまでです。

  墓地の区切り目に大きな銀杏が一本空を隠すやうに立つてゐた。其の下へ来た
 時、先生は高い梢を見上げて、「もう少しすると、綺麗ですよ。此木がすつかり
 黄葉して、こゝいらの地面は金色の落ち葉で埋まるやうになります」と云つた。
 先生は月に一度づつは必ず此木の下を通るのであつた。                                            『心』五

夏目漱石の『心』(大正三年=1914年)の作中で、主人公の「私」が先生を追って雑司ケ谷霊園に行くのは、大学の新学期が始まって(当時の新学期は九月であった)一ヶ月くらい経った十月半ばのことである。
明治時代東京の郊外であった雑司が谷は、今は「都心」の範囲に入り、また気温上昇もあいまって、季節感は一月くらい後ろへとづれている感じがする。

IMGP4174 のコピー.JPG

しかし、
先生(漱石)が見た風景と同じ景色が今でも雑司ヶ谷霊園では毎年巡ってくる。
百年前の風景(たぶん漱石が初めて雑司ヶ谷霊園を訪れたのは、五女雛子の墓を建てた明治四十五年=1912年のことと思われる。)が、今も残る場所はそんなにはないだろう。
しかも、そこには百年前に既にあった墓石も、
ちょうど百年くらい前に亡くなった人の墓も、
そして、夏目漱石自身の墓もある。
IMGP4124 のコピー.JPG


季節が百年前と同じように巡り、また百年過ぎていく。
「百年はもう来てゐたんだな」と、、、
不思議な時間の帷に包まれる空間が、雑司ヶ谷霊園なのである。


ちょうど、明日23日は、みちくさ市、手創り市が開催されますので、
霊園散策と共に、ぜひ雑司が谷へいらしてみてくださいませ。


IMGP4071 のコピー.JPG



















































posted by 星跡堂主人 at 19:28| 東京 🌁| Comment(0) | 雑司ヶ谷霊園 Cimetière de Zoushigaya | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]