2016年04月08日

4月8日、灌仏会の雑司が谷

4月8日、灌仏会、
花曇りの雑司が谷を歩く。

IMGP4048.JPG


 旧高田小学校の小径

IMGP4055.JPG



IMGP4060.JPG


曲がりくねった道は、江戸時代のままの道筋

IMGP4044.JPG



この辺には、江戸時代には名主の屋敷があった。

IMGP4067.JPG




IMGP4068.JPG


鬼子母神参道のけやき並木
残念ながら、年々痛みが酷くなっている。
江戸期に地域住民が寄付をしてできたけやき並木、
これからも守っていけるだろうか。
石畳がけやきの根を痛めているのは間違いない。
石畳をやめて、自動車の通行を禁止すべきだろう。

IMGP4079.JPG


IMGP4076.JPG



鬼子母神本堂には向かわずに反対側へ下っていく。
この辺りでは、法明寺についで古い本納寺に出る。

IMGP4090.JPG

門前の御衣黄、本堂前のしだれ桜が美しい。

IMGP4093.JPG


IMGP4098.JPG



IMGP4123.JPG


このしだれ桜は、昨年枝を剪定した。
以前はもう一回りくらい枝が大きかった。
そのせいか、何となく樹勢が弱くなり、花の付きが悪くなったような気がする。

IMGP4105.JPG



IMGP4108.JPG


それでも繊細で可憐なことには変わりがない。
余り人も来ず、門前も車がほとんど通らないので、
とても静かななかで、さくらと対話できる。
ほんとうに、心安らぐ空間。

日の光が僅かに射してくると、それに応じて花が微笑みだす。

IMGP4110.JPG



IMGP4112.JPG



IMGP4117.JPG




IMGP4135.JPG



そうして、こうした一枝に出会える。

IMGP4132.JPG



苔の緑も美しい。
IMGP4137.JPG



しだれの下には、、、

IMGP4141.JPG


卵からふ化したおたまじゃくしが、、、



IMGP4143.JPG


枝の向こうに見える石塔は、雑司が谷の地誌を掘り起こした天明期の文人、
金子直コの供養塔。

IMGP4154.JPG


長らく忘れられていたこの金子直コの業績を掘り起こしたのは、
この寺の先先代の住職兜木正亨(かぶとぎ・しょうこう)と、
その同志、海老澤了之助、秋田雨雀らだった。
彼等は昭和初期から戦中にかけてこの本納寺で研究の場を開き、
金子直コや江戸期の雑司が谷日蓮宗寺院の歴史を明らかにした。
金子直コの墓所は、雑司が谷の本浄寺にあったが、今は無い。
そこで、本納寺の兜木正亨が昭和38年(1963)にこの供養塔を建てた。


IMGP4155.JPG


雑司が谷の先達たちの思いが、
この静謐な本納寺で耳を澄ませていると、微かながら私には聴こえてくるような気がする。


金子直コについて、以前書いた記事
http://zoushigaya.seesaa.net/article/385571868.html





IMGP4160.JPG




お散歩、おわり。































IMGP4050.JPG







































posted by 星跡堂主人 at 19:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑司が谷 雑司ヶ谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする