2015年12月30日

『ラ・バヤデール』(インドの舞姫) La Bayadère

ルートヴィッヒ(レオ)・ミンクス(Ludwig MINKUS) が1877年に作曲した
『ラ・バヤデール』、初演はモスクワ・ボリショイ劇場、振付、マウリス・プティパ

インドの舞姫の主題はこの作品以前から、
フランスでは1855年にテオドール・ゴーティエによって
「シャクンタラー」に基づいた台本が書かれ、
ルシアン・プティパ(マウリスの弟)によって1858年バレエ化されている。

映像はパリ・オペラ座でルドルフ・ヌレエフが死の間際まで拘り振り付けた
ヌレエフ版の1994年5月の映像。(初演は1992年10月8日ガルニエ)
(実際は初演時のメートル・ド・バレエ、パトリス・バールなどによって多くのサポートがされているようだ)

https://www.youtube.com/watch?v=O1f9Bvks-OE



posted by 星跡堂主人 at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする