2014年09月07日

私の、見知らぬ名古屋 その2「城山八幡」(末森城)をめざして

覚王山日泰寺墓所の「橘宗一少年」の墓所を後にして、
末森城の遺構の跡に勧請された城山八幡へ
その途上で、
日泰寺墓所内をよく見回すと、三十三カ所札所を現す石仏が沢山見られた。
観音の妙力に頼りたいという思いはいずこも同じ。

IMGP3426.JPG


IMGP3428.JPG


IMGP3430.JPG


IMGP3431.JPG


歴史の中で風化して、銘は読めないが、古いものは江戸期のものと思われる。


日泰寺墓所の中も起伏があるので、
より高い場所へと登る。

IMGP3454.JPG


すると、石像の群れに取り囲まれる。

IMGP3455.JPG

よく見ると「御嶽神社道」とある。
その方へ向かうと、
IMGP3457.JPG

鳥居の下に小高い山が築かれ、御嶽権現が祀られている。
御嶽権現は、雑司が谷の御嶽坂にも祀られている。
縁を感じる。
そして、このお社の周囲がまたの石像の群れ、
これだけ多く集められていると、中々壮観でありまた奇妙でもある。

IMGP3456.JPG


これは三十六童子
IMGP3465.JPG


よくこれだけ集めたなぁ〜と思いました!

IMGP3468.JPG

この風変わりな建物は、墓所の管理事務所のようです。
中々、立派で、良いデザインですね。


さて、
高い所に登ったので、そのまま尾根つたいに城山八幡へと南下しようとしたのですが、
さすがに山あり谷ありで、一度下がってしまった、
また崖のような坂があるので、兎に角そこを登ります。
IMGP3471.JPG

この道は、両側からもみじの緑が出て、中々美しい坂道です。
登った丘の上は、高級な住宅街でした。
IMGP3472.JPG


しかし、その先にはお城のような建物が見えます。

IMGP3477.JPG

う〜〜ん、やっぱりここは名古屋だっぁなも〜〜(^o^)
お寺の本堂さえも「名古屋城」にしてしまう。

お堂の前には、石仏がたくさん。
IMGP3479.JPG


石仏の前には、日本各地の札所を詣でた記念の石碑が並んでいます。
IMGP3480.JPG


IMGP3482.JPG

この聖観音は、中でも絶品でした。
銘は摩滅して読めませんが、江戸後期のものではと思います。


IMGP3485.JPG

こちらの三面六臂の馬頭観音さんも、お顔が愛らしい。



この丘から東の眺めると、遠くに東山タワーが見えました。
IMGP3490.JPG



さて、城山八幡は未だ先かと、先を急ぐ。
しかし、これが後の祭りで、、、
このお城のような建物、実はとても貴重で珍しい建物だったのです。
「大龍寺五百羅漢堂」
→ http://www.sukima.com/02_nittaiji99/11dairyuji_.html
ただの名古屋趣味の真新しいお堂にしかみえませんでした。。。。
IMGP3488.JPG


この記事によれば、近年修復したようで、
だからとても新しい建物に見えたのでしょう。
また、私の「名古屋」への先入観が、どうせ大したものではないという
勝手な思い込みをうんだようです。
「先達はあらまほしきもの」を痛感しました。

『尾張名所図会』(弘化元年 1844年 刊行)に載る「五百羅漢(大龍寺)」
→ http://www41.tok2.com/home/kanihei5/owari.html

もちろん、これは雑司が谷に帰ってから知ったので、
今更どうしようもありません。また名古屋に行く機会があればぜひ再訪したいです。


さて、尾根つたいに寺と住宅のある細い道を辿って行くと、
(これも後に知ったのですが、この丘陵は城山八幡から北へ伸びていて八幡だけでなく多くのお寺が集められている特別な丘陵でした)
さきに森が見える、こんな道にでました。
IMGP3491.JPG


さらに行くと、大きな二股に分かれた樹木
IMGP3496.JPG


IMGP3492.JPG

二股に分かれているので「連理の木」と云われる「アベマキ」とのこと。
ただ、現在蝕まれて養生中のようです。
IMGP3494.JPG



さらに森の奥へと進むと、
深い谷が見えます。
これこそ、末森城の空堀の遺構です。
IMGP3501.JPG



末森城(城山八幡)全体はこのようになっています。
IMGP3519.JPG

周囲をぐるりと空堀が囲んでいます。
地形としては、丘陵の南端にあり、北側は尾根が先に延びています。
(ここまで私が辿ってきた道)
なので、天然の要害の地に、さらに人工的な空堀を深く巡らせた堅固な城だったと思われます。


IMGP3534.JPG


天文十六年(1547)に織田信秀が古渡城からこの地に居城を移したと云われています。
信秀は天文十八年(1549)に亡くなり、その後は子の信行の居城となります。
柴田勝家はこの信行に仕えていましたし、お市の方もここに住んでいたと云われています。
弘治2年(1556)の稲生が原の戦いで、信行方は信長に破れ、
その後永禄元年(1558)に信行は清洲城内で誅殺されます。
私の実家は、稲生が原の戦いのあった地の近くでした。


城山八幡縁起と末森城の歴史が詳しく書かれているページ
→ http://www.shiroyama.or.jp/siroyama-3.htm#enkaku

南側(八幡正面)は
二段の丘になっていて、
IMGP3539.JPG

一段下ったとの境目に空堀があり、その堀にかかる橋

空堀の中から橋を見ると、
IMGP3544.JPG

空堀の中は、こんな感じです。
IMGP3541.JPG


本丸から一段下がった所からの南側の風景。
遠くに八事の中京テレビタワーが見えます。
戦国期には、ずっと先の三河の方迄、よく見えたと思われます。
IMGP3540.JPG


さらに一段さがると末森通りになりますが、末森通りからの階段
IMGP3545.JPG


IMGP3546.JPG

これだけの高さがあると、中々攻め難い平山城だったことでしょう。


南側正面(一番低い位置)から見上げた末森城(城山八幡)
IMGP3547.JPG



末森城を後にして、
末森通りを西へ、ここの辺は歩道が広くて快適な道です。
IMGP3552.JPG

 
池下の手前で、目的地の和菓子屋さんに到着。

IMGP3562.JPG

「梅屋光孝」
この小ぢんまりとしたお店の
かるかんと羊羹を合わせた「深山路(みやまじ)」を
→ http://www.max.hi-ho.ne.jp/piro/home.html
今回の名古屋再探訪の縁を作って頂いた方に
一竿お送りしさし上げました。










IMGP3521.JPG

城山八幡境内にあるお稲荷さん(豊玉稲荷)




































posted by 星跡堂主人 at 00:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名古屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする